忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ネタやら日々の出来事を書きなぐる処。
2017年09月23日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年10月06日 (Tue)
とりあえず色々と叫ぶだけですサーセン

因みに追記にはCPやら企画やらよその子について萌を書いてます

んでこっちにはやりたい事を叫ぼうと

修学旅行の計画をちゃんと練りてぇえぇぇえ!!(練ろ)

頂いた萌な絵を飾りたいぃいいぃぃぃぃ!!

よその子ページ作りたいぃいぃぃぃぃぃ!!

マジで絵版のログ整理したいです(真顔)←

だいぶ溜まってるからなぁ…因みに推測だが一番描いているであろうはさっちんだな、次はみっちゃんか…

…ある意味ゴールデンコンビ!?!?

サディみか…うん、自分の中ではありなのです(´ω`)

後、よそ様のお子さん描きたいなぁ…絡みとかももろ描きたい…

それとメール…シン様とハレタカ様にメール…!!!(迷惑だから止めなさい)

あとは…よその子との会話スキットとか…今現在、ハレタカ様宅のお子さんとの絡みが多いという(愛か)

因みに何故か脳内でうちの頑固親父(鴉)と刹那さんのお父さんがちょっとした知り合いで、鴉さんがなんか刹那さんを気にかけてたりそうでなかったり(ぇ)

後、うさぎさんとみっちゃんと湯田君(何だそのコンビは)

「部屋とYシャツと私」的なのりで(笑)

あぁ、後小説も書きたいな…学園モノの

では追記へどーぞ

とりあえずエロはかきたい(待て)

あと親御さんさえよろしかったら色々と絡みたいし絡ませたい

ハレタカさん宅以外の方はほとんど企画のノリで妄想してるんだが…よそ様の所は今度ご自宅のをじっくり作品読ませてもらおう…

とりあえずさっちんとなっちゃんで禁断の恋的なのを(待て)

色々と始末書やら書類などの整理に追われてろくに自宅にも帰れずに書斎兼宿直室みたいになってる理科準備室でお仕事してるさっちん

そして夕方、家庭科の授業でお菓子を作ったからみんなに配るナっちゃん

多分なっちゃんはいの一番にさっちんの所に行こうとしてくれるはず(すみませんタダの妄想です)

ほら、あれですよ、孫とじーちゃん(上手くできたから褒めて!的な)

けれど行く途中で色んな人に会って、上手くできたから食べてみてと配るナッちゃん

それでお菓子も残り少なくなってきた頃に理科準備室到着

ドアを開けて中に入ってみたら、椅子に寄りかかって頬杖ついて仮眠をとってる教頭

「あ、寝てるかな?」と思いつつも起こさないようにドアを閉めて近づくなっちゃん

意外と熟睡してるらしく、なっちゃんが近づいても全然起きる気配の無いさっちん

なっちゃんはそっとお菓子の入ったバスケットを机の上において、とりあえず何してたのかを確認

机の上には書類が大量で、大半がシドさんやら唯真さんやらスライル先生の始末書や器物破損の修理とかの手続きとかで

「うわぁ…こんなに大量…;」

って苦笑いすればいい

んでもって意識をさっちんに向けると、さっちんがモノクルをつけたままねてるのに気付くなっちゃん

つけたままは危ないだろうという事で、モノクルを取ろうとすると

不意につかまれる手

「あ…起こしちゃったかな…;?」と思ったら

「ん…?…またお昼寝をしにきたんですか…?ナッちゃん」って微笑むさっちん

多分、この時のさっちんは疲れの余り寝ぼけてるのだと思われる、そして何故か幼等部時代に戻ってる

昔はナっちゃん呼びだったが、今はさっちんはナっちゃんの事をナスクさんと呼んでる

久々に呼んでもらえて、ちょっとこそばゆくなればいいんだよなっちゃん

それで返答に少し困ってたら不意に抱きかかえられるなっちゃん

「わっ、さ、サディせんせ」
「全く、ナっちゃんは此処でお昼寝をするのが好きなんですねぇ…少しだけですよ…?」

とか言って簡易ベッドになっちゃん寝かせて添い寝すりゃあいい(ぇ)

因みに当時の添い寝はよくなっちゃんに言われて抱き込んで添い寝してたから、今回もそんな感じに

しばらくしてさっちんの寝息が聞こえてきちゃって、出るに出られないなっちゃん

「…こんなに疲れるまでお仕事なんて…もっと自分の身体いたわってあげてよ、サディ先生」

とかいいながら抱きついてそのまま寝ちまえばいい

んで翌日辺り目を覚まして自分の腕の中になっちゃんがいる事に驚くさっちんではあるものの、あまりにもなっちゃんが気持ち良さそうに眠っているから

「…もう少しだけ、このままにしておきますか…」

って言いながらなっちゃんの顔にかかってる前髪をそっと退けてあげればいいんだ

以上、妄想終わり!!

…こういう風に書くと楽なんだよなぁ、普通に妄想語りもこんな感じだし

…たぶんオフ会で何かネタ振られたらこんな感じに喋ると思います

それで親御さんがお子さんしてくだされば夢のリアル競演が出来るやも…(笑)

さて、次は誰との妄想にしようかな

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ちょwww何ですかこの可愛いのwwwww
禁断の恋とは言ってもこれは可愛いwww現実に普通にありそうなんですがwww
影ノ虚先生は今からこれを小説にする作業に入るのですね、分かります(自分で書けや)
ていうかシドさんやら唯真さんやらスライル先生の始末書や器物破損の修理とかの手続きに吹きました 笑。
シン 2009/10/06(Tue)01:05:53 編集
←No.164No.163No.162No.161No.160No.159No.158No.157No.156No.155No.154
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/28 梅吉]
[01/27 影ノ虚]
[01/27 梅吉]
[06/18 影ノ虚]
[06/18 影ノ虚]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
趣味:
妄想、ゲーム、パソコン
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析