忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ネタやら日々の出来事を書きなぐる処。
2017年07月21日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月02日 (Mon)
どうも、酔っ払いの影ノ虚です
父上との晩飯でコース料理を食ってきたのですが、そこででかいワイングラスの赤ワインを1杯飲み干しました
なので若干酔っ払ってます
…いつもならタイピングであまりバックスペース使わないのに打ち間違いが多いせいでバックスペースが大活躍という(笑)
まぁそれはさておき、ハレタカ様から回ってきていた龍サディバトンが完成!!
サディナスに引き続き、爺孫風味です(笑)
では追記にて!!

※0時05分に龍光君&黎明さんのスキット追加

妄想お泊まりバトン

指定⇒『龍光』で相手はサディス

◎旅館に一人旅に来たあなた。ところが宿の手違いで『龍光』と同室に!
なんて話そう?

女←は女将さんです

女「と言う訳で、申し訳ありませんが相部屋をお願いしたいのですが」
サ「えぇ構いませんとも、小さい子供だけというのも危ないですし」
女「ありがとうございますお客様、では後程コチラの部屋に案内いたしますので」
サ「わかりました」

しばらくして

龍「…相部屋って、サディスのおっちゃんやったんや」
サ「私も驚きましたよ、まさか龍光君だったとは…しかし何故1人で?」
龍「おとんが「龍光やったらどないな奴と相部屋になるやろなぁ」とか言って、ここにボク置いてってん」
サ「…え、それだけの理由で1人で君を…;?」
龍「あと、「可愛い子には旅をさせろっちゅー先人の言葉もあるし」とかも言うてた」
サ「(確かにそんな言葉もありますが…さすがに小さな子1人は駄目でしょうが黎明君…!)」
龍「…さすがに1人はちょっと不安やったけど、サディスのおっちゃんと一緒なら安心や」
サ「え?あ、そうですか…飴、いりますか?」(にっこり笑って)
龍「えぇの?」
サ「ええ、ブドウでよかったですか?」
龍「うん、サディスのおっちゃんのブドウ味の飴好きやし」
サ「そう言っていただけて光栄ですよ」(頭撫で撫で)

初対面(と思われる)人と、しかも子供と相部屋は普通の人は嫌がりますでしょう
しかしそこは気遣い紳士、どんな人とでも旅館側のたっての頼みなら嫌な顔せず了承してくれます
しかし私の中で黎明さんは一体どんな父親なんだ(全くだ)

 

◎仲居さんが衝立を用意してくれたので結局同じ部屋で寝食を共にすることになりました。晩ご飯はなんだった?

サ「おや、龍光君。ニンジンが残ってますよ?」
龍「…ボク、ニンジン苦手やねん」
サ「好き嫌いはいけませんよ?」
龍「…」(箸でニンジンをつつく)
サ「食べ物で遊んではいけませんよ;(箸で掴んで)さ、口を開いて」
龍「…(サディとニンジンを交互に見て)…(ぱくっ)…」←何とか飲み込んだ
サ「龍光君はえらいですね、よかったら私のご飯の中で好きなモノをあげますよ」
龍「…えぇの?」
サ「えぇ、嫌いなものをキチンと食べれたご褒美です」(にっこり)
龍「…おおきに」(口元だけ僅かに上げて笑う)
サ「いえいえ(やはり黎明君より表情は豊かですね…)」

好き嫌いがある人には、もれなくさっちんがアーンしてくれるという(笑)
てか龍光君、勝手にニンジンが嫌いとしてしまった…い、いいのだろうか…(ガクガク)
すみません、ただたんにあーんをさせたかっただけです…!
とりあえずご褒美を上げる辺り、さっちんは子供に弱いんだ

 

◎食後のお楽しみはやっぱり温泉!あなたが部屋に戻ると『龍光』が浴衣を着てくつろいでいました。どうします?

ガラッ(部屋の襖が開く音)
龍「あ、おっちゃん」
サ「おや龍光君、もう大浴場から戻ったんですか」(相変わらず部屋風呂)
龍「うん、知らん人ばっかやったし」
サ「そうでしたか…すみませんね、私がついてあげれたら…」(苦笑)
龍「…」(サディの浴衣の裾を掴んで)
サ「?どうかしましたか?」
龍「…ボク、おっちゃんと一緒におれるだけで十分やで?」(見上げて)
サ「…そうですか、ならよかったです」(微笑して頭をなでる)

さっちんは旅館でも絶対部屋風呂だろう
そして書いてて思った、龍サディも爺孫や…!!(当たり前だ)

 

◎夜も深くなりました。あまり眠くないので衝立越しにあなたは『龍光』と話していましたが、『龍光』は寝てしまった様子。どうしますか?

サ「本当に1人で大丈夫ですか?」
龍「大丈夫や…ボク、もう1人のふとんでも…平気やもん…」
サ「そうですか…もし寂しかったらいつでもこっちの布団に来ても」
龍「……」
サ「…(そっと衝立越しに隣の布団を見て)…もう眠ってしまいましたか…」(微笑ましく龍を見て)
龍「ぅ…」(スヤスヤ…)
サ「…良い夢を、龍光君…」(クスッと笑って布団に戻って目を閉じる)

書いてて「ひとりでできるもん」という教育番組を思い出した(笑)
おそらくさっちんの「こっちの布団に来てもいいですよ」発言は小さい子限定だと思われる

 

◎朝になって起きるあなた。するとなんと『龍光』と同じ布団で寝ていました!
一体なんで?

サ「ん…(朝か…ん?)」(布団の中に別の温もりを感じ/軽く布団を捲ってみる)
龍「スゥ…」(ぐっすり)
サ「…(…大人びていても、やはり子共ですね…)」(クスッと笑って、起こさないようにそっと布団を掛け直す)
龍「ぅ…おとん…おかん…」(サディに抱きつき)
サ「(その様子に微笑を浮かべて)…(もう少しこのまま寝かせてあげましょうか…)」(ポンポンと背を撫でて)

大人だとあれですが、子供だと全然余裕なサディス氏


◎目が覚めてあなたに謝る『龍光』。お詫びに何か奢ってくれるらしいです。
何がいい?

龍「さっちんごめんな?勝手に布団入ってもうて」
サ「いえいえ、気にすることはありませんよ」(苦笑して)
龍「お詫びに何か奢るわ」
サ「え、いや;そこまで気にしなくとも…;」
龍「お金ならおとんからもろうとるから気にせんでえぇよ?」(がま口を見せて)
サ「…では、旅館の茶屋でパフェでも食べますか?」
龍「うん」
サ「では行きましょうか」(手を繋いで茶屋へ)

恐らくこの後パフェを頼むけど「自分には甘すぎるかも」という理由で龍光君に食べさせるんだ
そんで一応そこの支払いは任せて、その後お土産やさんで龍光君にお土産を買ってあげるんだ
しかも奢ってもらった倍の料金分のお土産だよ

 

◎『龍光』と別れ地元に帰ってきたあなた。一連のことをあなたが話したと思われる方(複数可)に名前を指定して回してください。

サ「ただいま帰りました」
無「お帰りなさいです、サディス殿」
鴉「どうでしたか?今回の温泉旅行は」
サ「いいものでしたよ?あ、これはお土産です」(温泉饅頭とかその他諸々)
鴉「これはありがたい」
無「わざわざすみません」
サ「いえいえ」
無「そういえば、このバトンはどうなさるので?」
サ「そうですねぇ…しばらく様子を見ますか」(バトンを置いて)

 

と言う訳で、龍サディ…というか爺孫パート2でした(笑)
また今度、成長した龍光君とさっちんでやってみたい…!(MAZIKA)
そ、そして…実はハレタカ様に「さっちん」指定で空夜さんとか
「無我」指定でバクジュイさんか空夜さんとか回してみたい…!
でも、色んな方との絡みで忙しそうなので埋めておこう、か…(血涙)
因みに下に勝手に龍光君バージョンの後日談

[黎明さんが迎えに来て]
黎「龍光、どうやった?1人で泊まった感想は。やっぱ相部屋か?」
龍「旅館の人が「子共1人じゃ不安」やって、相部屋になったで」
黎「やっぱそうかぁ~。で、どないな奴と相部屋になったんや?」
龍「サディスのおっちゃん」
黎「ほ~、さっちんと…って、マジか
龍「冗談言うてもしゃあないやろ」
黎「…それもそやな…で、どないやった?」
龍「楽しかったで?浴衣の着方教えてもらったし、飴くれたし」
黎「俺も前に一緒になった時に飴もろうたわ、さっちんのアメは美味いもんなぁ」
龍「ホンマな…あと、ご飯食べさせてもらって、それから添い寝もしてもらったで」
黎「ほぉ~、食べさせてもらった上に添い寝ってちょい待ちや龍光
龍「何やの」
黎「食べさせてってあれか、「あーん」か、さっちんに「あーん」してもろうたんか
龍「それ以外に何があるんや、おとん」
黎「…マジか…じゃあ、添い寝っちゅーんも…」
龍「…ぎゅってしてくれてあったかかったで」
黎「よし龍光、帰ったら添い寝したるわ
龍「えぇわ、もうボク1人で寝れる」
黎「そう言わんと、さっちんとの関節添い寝させてくてもえぇやん」(そこですか黎明さん)
龍「なおさら嫌や

相変わらず黎明さんが変なキャラになってしまっている恐怖…!!
でも書いてて楽しかったです‥!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょ…!!!!!
うおおお!!!龍サディ(何)ありがとうございましたあああッッ!!!!
なにこのほのぼの感超可愛いんDESUGA!!!!!!!!ハァハァハァ
ってか影ノ虚さんの黎明イメージがピンポイントすぎて噴きます。
龍光がニンジン嫌いなのは全然OKですむしろオフィシャルにすべきです。(何)龍光は何か嫌いなものがあってもいいなと思っておりました!!!他にもピーマンとかセロリとか牛乳とか辛いものとか嫌いだといい。(多い)
いやもう白さっちん優しすぎて本当癒されまくりました…////!!!!
そして最後の親子スキット、あのカオスっぷりはなんですか本当にありがとうございます。
黎明と龍光の会話のテンポが本当にリアルすぎました…!!!!(爆)もはやあの親子は影ノ虚さんの手の上だ…!
本当ごちそうさまでした…!!!!!ハァハァ
 
そしてバトン打ち返し、勝手に受け取りました!!!
またもや似非さっちんもいいとこですが楽しかったです(満開笑顔)


ハレタカ 2009/11/03(Tue)03:18:59 編集
←No.226No.225No.224No.223No.222No.221No.220No.219No.218No.217No.216
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/28 梅吉]
[01/27 影ノ虚]
[01/27 梅吉]
[06/18 影ノ虚]
[06/18 影ノ虚]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
趣味:
妄想、ゲーム、パソコン
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析