忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ネタやら日々の出来事を書きなぐる処。
2017年10月20日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年09月28日 (Mon)

まさか自己満足で書いている小説に複数の方がコメをくださっている…!

これほど喜ばしい事はない

ついついやりすぎちゃった…!って感じになってしまうが、コメントをいただけるのは本当にありがたい‥!

ってか、諏乃宮様から企画に絵が送られてきていた;!!

あ、後でちゃんとUPしなきゃ…!!

では引き続いて、さっちん大量虐殺パート3をお楽しみ下さい

あ、今回はハレタカ様宅のお子さんサイドですv(また無謀なことを…)




「…北辰さん…今、何て…?」
「…南部と東部の境付近で、護人とそのサポートがやられた。
 数時間前に唯真からこちらに連絡が一度入ったきり、音信不通だ。
 …それも、4人ともな…。」


いつも穏やかな顔つきの北辰さんが、珍しく表情を歪めていた
北辰さんの隣にいる刹那さんも、同じ表情をしている
まさかと思って、僕も4人と連絡を取ろうと試みた
…けれど、誰からも返答はない

「一体、誰が…」

僕の言葉に、刹那さんが4人が交戦した人物の名前を僕に告げた

「…え……?」

思わぬ名前に、僕は目を見開いて2人を見た






に縛られ、を望む者~心優しき麒麟の願いは、泡沫の闇へ散り逝く~





「…う、そ…」

何故?どうして?
そんな疑問を問いかける言葉だけが、僕の思考を支配していく

「…今は何処にいるかは不明だが、現れた時は」
「あたしと北辰で止めるから、あんたは此処で大人しくしといてくれよ?」
「で、でも…!」
「セツナさまっ…た、玲もお手伝いするにゃっ…!」
「いや、アンタは此処で角端と一緒にいな」
「にゃっ!?で、でもぉ…」
『将官!サディス殿がっ、ぐあっ!!!』

突然、北辰さんへ銀牙さんの通信が入った
彼が口にした名に、僕は驚きを隠せないでいた
心のどこかで、嘘であってほしいと…そう思っていたから

「!…銀牙?何があった!」
『っ…ただ今、サディス殿と、交戦中!場所はセントラルゲートの入り口‥がっ…!』
「!!銀牙さん!?」

銀牙さんの呻き声に、僕は思わず声を上げた
その時

『私を止めたいのであれば、本気で殺しにこなければ無理ですよ?』

銀牙さんからの通信に、別の人の声
この声を聞いて、僕は目を見開いた
僕の中でのあの人は…とても穏やかで、無益な争いは好まない…そんな人だ
いつも深鏡さんや葉琉さんを探しに来ては、いつも僕に飴をくれたり…他の世界の話を聞かせてくれた
とても、とても優しい人…そう思っていたのに

「サディス、さん…?」
『…君達は甘すぎる、見知った相手だからといって手を抜くと…死にますよ?』

通信はそこで切れて、辺りは静寂に包まれた

「…なん、で…」
「…この様子だと、銀牙も…」

そう呟くと、北辰さんは部屋の出入り口へと向かっていった

「!待ってください北辰さん!」

僕は慌てて北辰さんを呼び止めた
もしサディスさんが本気なら、北辰さんもただではすまない
…最悪の場合を考えたくはないけれど、僕はこれ以上犠牲者を出したくなかった

「…僕が、彼を止めます」
「!角端!あんた何言ってっ」
「ほ、本気にゃっ!?」
「…彼の戦闘能力は、正直言って未知数です。
 …でも、僕なら…彼を止められるはず…ですから!」
「駄目だ」
「!!な、何でですか!」

僕の言葉に、北辰さんは振り返った
そして

「お前は、優しすぎる」

北辰さんはそう言い残して、部屋から出て行ってしまった

「…北辰の言う通りだ、あんたは優しすぎる…。
 相手はあんたも良く知ってる奴だ…躊躇せずに戦える保障はないだろう?」
「っ…」
「あたしも行くよ、北辰を信用していないって訳じゃないけど‥。
 …もしもって時のためにね」
「セツナさまっ!玲も、玲も行くにゃっ!」
「玲は此処にいな。
 …もしもの時は、角端と一緒に他の領地へ避難するんだ。いいね?」
「セツナさまっ…」
「…角端の事、頼んだよ?」
「刹那さんっ!待って下さい!」

刹那さんはそう言って、北辰さんと同じように部屋を出て行った
残されたのは、僕と玲さんだけ

「ぅ…セツナさま…っ」
「…彼女なら、大丈夫ですよ…北辰さんも、きっと…」

そう言った瞬間、凄まじい爆発音と衝撃が部屋に響いた

「にゃぁっ!?」
「っ…!!」

僕は急いでこの衝撃と爆発音を分析し、その根源を探した
分析の結果、強大な2つの力がぶつかり合い…爆発したようだった
根源は、セントラルゲートの入り口から少し入った所

「まさ、か…」

嫌な予感が、頭をよぎった

「っ…もう、我慢できないにゃっ!」
「あっ!」

我慢しきれなかったのか、玲さんは部屋を出ようと走り出した
僕は慌てて、玲さんの手を掴んで引き止めた

「駄目です!行くなら僕がっ」
「カクハは此処にいるにゃ!
 もし玲が戻って来なかったら、セツナさまの言う事聞いて逃げるにゃっ!」
「あっ、玲さん!!」

玲さんは僕の手を振りほどいて、行ってしまった
僕は慌てて玲さんの後を追おうとした

「お前は優しすぎる」
「躊躇せずに戦える保障はないだろう?」

不意に、北辰さんと刹那さんの言葉が頭の中に浮かんだ

「…僕、は…」

みなさんが傷つくのは、嫌だ
それが、誰であろうとも…
でも、今はそんな事を言っている場合じゃない
それくらい、分かってる…分かっているけれど…!

「っ…何で、ですか…サディスさん…」
「…全ては、私の願いを叶える為ですよ」
「!!」

返事がくる筈のない僕の言葉に、返事が来た
それも…この場に居るはずのない、相手からの

「ぁ…」

ゆっくり顔を上げて部屋の入り口を見ると、そこにいたのは

「御機嫌よう、角端君」

いつもの穏やかな笑みを浮かべて、その身を赤く染めた…サディスさんだった





※※※※※懺悔にしかならない後書き※※※※※
今度は角端君の独白!!意外とすんなりかけたぞ!…いや、すみません嘘です(嘘かよ)
てかさっちんの心情を書かなかったらさっちんってば最悪の悪役だ(ホントにな)
てかラスト!めっさホラーだよ(笑)
しかし色々と刹那さんとかに角端君は私が護る的な事を言わせたかった…!orz
よし、次回くらいに言ってもらおう
そして次回!時間を少し前に戻して再びさっちんの独白!
…てか、この話意外と続くってどんだけだ(全くだな)

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
∑うおおおおお!!!?も、もう次が!!??
影ノ虚さんのスピードについていけてない自分が不甲斐ない!!!!_| ̄|●ギリリ!!
まさかの角端視点ッ!!!影ノ虚さんの魅せ方、上手過ぎです…!!!!
相変わらず北辰かっこよすぎます…!!!影ノ虚さんの北辰なんでこんなかっこいいんですかというか皆別人のように愛しいんですがこれはどういうトリックがあるんですか。
刹那とか空気すぎる子(酷)までもこんなちゃんと喋ってる…!!影ノ虚さんはどこまでうちの子ら知ってるんですか!!!!角端視点も全然違和感ないという…!!!
うおおお…!つ、次でついにラストですか!!??こんなに続けて書いてくださる影ノ虚さんに畏敬の念を抱かずにいられません…!!!!!
そして影ノ虚さんの「報われない」発言がやたら気になります…;;;!!!!
さっちんどうなるの…!!!???どうなっちゃうの!!!(泣)
言ってしまうとプレッシャーかもしれませんが、

本当に楽しみで気になってしょうがありません!!!!!!!
次回も楽しみしております!!!!!!!!
 
 
∑はっ!銀牙の北辰の呼び名;;!!!一応、将官とか師匠とか師範とか考えていたのですが、結局まとまらず…;;(何)
とりあえず他と違った何かが付くことにしているのですがまだ決まっていない状況です!!!!(土下座)
元設定がこんな未完成で本当すみません;;;;!
ハレタカ 2009/09/29(Tue)00:12:07 編集
コメントから失礼します(笑)
とりあえず先にご了承いただこうかと思いまして~…多分、後2~3話だと思います(長っ)
す、すみません…でも骨になろうとも最後まで書ききりますので…!
大量拉致、申し訳ないです…!!!
影ノ虚 2009/09/29(Tue)00:23:43 編集
無題
∑うおお!!!再び見にきたら影ノ虚さんのコメがァ!!!
 2 ~ 3 話 で す と !!??
影ノ虚さんがいいのでしたらもうウチの子らのことなんざ気にせずに書いてください!!!!これはさっちんの話ですからいやMAJIDE!!!
うちのキャラなら拉致殺戮大歓迎ですから。(酷い親だな)
…本当に続きが楽しみです!!
これは自キャラが出てるとかそんなの以前の問題です…!さっちんの最期がどうなるのか…!
……悲劇だとはわかりきっているのですが……(泣)
頑張ってくださいーーーーッッ!!!!!!!!!!
ハレタカ 2009/09/29(Tue)00:40:45 編集
←No.144No.143No.142No.141No.140No.139No.138No.137No.136No.135No.134
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/28 梅吉]
[01/27 影ノ虚]
[01/27 梅吉]
[06/18 影ノ虚]
[06/18 影ノ虚]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
趣味:
妄想、ゲーム、パソコン
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析