忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ネタやら日々の出来事を書きなぐる処。
2017年10月23日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年11月20日 (Fri)
等々できたぞお泊りバトン@ファイナル(?)
これで回ってきたお泊りバトンは制覇!
追記にあります!ドラン君が偽者すぎだが開き直ってやる(待て)
てかみっちゃんセクハラ親父じゃねぇか(ぇ)

余談ですが、色んな方がデザインバトンをなさっている
あぁあぁぁぁよその子を拉致りたい…!!
私もクアムと葉琉を描かねば…!!!!

そして再び企画に参加表明者様が…!!
うぉおぉぉぉぉありがたい…!
すみませんとりあえず明日の夜にさせてください(待て)

妄想お泊まりバトン

指定⇒『ドラン』で相手は深鏡

◎旅館に一人旅に来たあなた。ところが宿の手違いで『ドラン』と同室に!
なんて話そう?

ドラ「えっと、桔梗の間は~…あ、ここだ!」(ガラッ)
深鏡「ハァ~…せぇっかく誰かと相部屋になれると思ってきたのにぃ~…
    …誰かこないか、な…」(めっちゃくちゃ寛ぎながらドラを見て)
2人「……」
深鏡「待ってたよドラ○もん!!!」(HEY!カモン!と両手を広げ)
ドラ「余計な文字が二文字入ってます深鏡さん;!
   俺そんな国民的マスコットキャラじゃないですよ;!」
深鏡「いや、ドラちゃんはあたしの心のアイドルだから」(真顔/手をしっかり握り締め)
ドラ「え?あ…//あ、ありがとうございます…;//」(照れ臭そうに笑い)
深鏡「(いやん!ちょ、かわゆいのぉ…!!!!)」(ハァハァ)

ドラン君の名前に「えも」をつけて「ン」をひらがな表記にしたら皆さんご存知の青い自称・猫型ロボットの名前になるなぁと思った結果がこれ(待て)
恐らくこの後、ドラン君の反応を見て楽しんだりからかったり萌え萌えしたりして過ごすんだきっと(笑)
しかしドラン君(表)はボケても鋭いツッコミはないだろうと思われる
ほら、深鏡の心のアイドルの部分とかフツーに受け入れそうだし(待て)


◎仲居さんが衝立を用意してくれたので結局同じ部屋で寝食を共にすることになりました。晩ご飯はなんだった?

深鏡「ん~vvやっぱ旅館の料理はおいしいねぇ~vv」
ドラ「そうですね!…でも、ホントに俺と相部屋なんていいんですか;?」(もぐもぐ)
深鏡「いーのいーの!若者は細かい事なんか気にしなくていーの!」
ドラ「そ、そうですか…;」
深鏡「あ、そういえばドラちゃんトマト大好きなんだよね?」
ドラ「はい!でも和食ってあんまりトマト使った料理ないですよね…」(少ししょぼ~ん)
深鏡「そう気を落とさないの!ほら、お姉さんがトマトジュース(固体入り)をあげるから」(すっと差し出し)
ドラ「え!?い、いいんですか!?!?」(キラキラとした目で深鏡を見つめ)
深鏡「いーのいーの、ほい」(渡す)
ドラ「あ、ありがとうございますっ!」(嬉しそう)
深鏡「(わー…何か犬耳と猛烈に振られてる尻尾が見えるわー…)」

ドラン君は柴犬なイメージがある影ノ虚です(待て)
そしてそのドラン君の親御様の番様もそのイメージです
つまり可愛いんですハイ(待てその結果)
因みに深鏡があげたのはトマトジュースではなくてトマトソースを作るようにトマトの肉片も入ってる大き目の缶詰です(待て)

「あの、深鏡さん…このトマトジュース普通より大きくないですか?」
「それは特別なトマトジュースでねぇ~
 この前ある世界に行った時に珍しくて買ったのよ」(ホントは近所のスーパーで買いました)
「え、そんな珍しいものを貰ってもいいんですか!?!?」
「いーのいーの、ドラちゃん可愛いからv」
「っ…ありがとうございます深鏡さん!大事に飲みます!」
「ハハハ(わー…ドラちゃんってば表はほんっと無垢だなぁ…)」

表のドラン君はとっても無垢なイメージです


◎食後のお楽しみはやっぱり温泉!あなたが部屋に戻ると『ドラン』が浴衣を着てくつろいでいました。どうします?

深鏡「おっまたせ~vいや~、やっぱ温泉ってばさいっこー」(ガラッ)
ドラ「あっ;!///」(浴衣が着崩れた状態)
深鏡「……」(固まる)
ドラ「あ、あの…その…俺こういったの着慣れなくて…;
   つーか着方わかんないから適当に着たらこうなっちゃt」
深鏡「ドラちゃん」(真剣な顔をしてドラの両肩に両手を置き)
ドラ「だから…はい?」
深鏡「据え膳食わねばって言葉、知ってる?」(ニッコリ)
ドラ「…へ?」
深鏡「なぁに、浴衣の着方なんてお姉さんが手取り足取り腰取り隅から隅まで教えてア・ゲ・ル★」(手の動きが怪しい)
ドラ「は?え、あの、深鏡s」

※会話が途絶えました

浴衣を着崩した状態で深鏡と鉢合わせしたら逃げる事をお勧めします
バッチこーい!という猛者の方はそのまま誘ってみてはいかがでしょうか?
彼女が手取り足取り腰取り隅から隅まで浴衣の着方を教えてくれますよ
あ、もちろんちゃぁんと浴衣の着方を教えてくれます
ただボディータッチというセクハラがあるだろうけど(待て)
あぁ、ほんっとにみっちゃんてセクハラ大好き親父娘だ(今更)


◎夜も深くなりました。あまり眠くないので衝立越しにあなたは『ドラン』と話していましたが、『ドラン』は寝てしまった様子。どうしますか?

ドラ「うぅ…酷いですよ、深鏡さん…」(グスッ…グスッ…)
深鏡「ご、ごめんごめん;」
ドラ「っ…あ、あんなに…あんなに…帯をこれでもかってくらい絞めなくても…っ」(結構痛かった)
深鏡「いやぁ、だってドラちゃんお腹周りとか細かったから
   きつめにしないとまた着崩れるって…ドラちゃん?」(ひょこっと衝立から顔を出し)
ドラ「………」(いつの間にか就寝)
深鏡「…オヤオヤ‥(オヤスミ三秒ってか…?)」(そそくさと衝立を退かして布団に戻る)
ドラ「ぅ‥」(ぐっすり)
深鏡「…(ん~vvアングルさいっこーvv今夜は良い夢が見れそうだわ)」(ニヤニヤハァハァ)

みっちゃんは気が済むまでドラン君の寝顔を視姦堪能して寝るんだと思います
さすがに寝てる少年を襲う趣味は無いご様子(それ以前の問題じゃないのか)



◎朝になって起きるあなた。するとなんと『ドラン』と同じ布団で寝ていました!
一体なんで?

深鏡「ぅ~…ん?」(眠い目を少し開けて)
向いの布団(ドラがいない)
深鏡「…はれ?…(ドラン君がいな…あれ、腰になんかある…)」(腰にあるものを触り)
ドラ「ぅ…」(深鏡の後ろから声が)
深鏡「!!!!(こ、こりぇは…!!!)」(何とか身体をねじって後ろを向き)
ドラ「くー……」(深鏡に抱きつくように眠ってる)
深鏡「っ…!!!!(相部屋サイッコォオォォォォォォ!!!!)」(心の中で歓喜)

※上の逆バージョン

ドラ「ん…ぅ…?(ぅ…なんか、柔らかい…)」(眠たい目を開けて)
深鏡「…すー…」(ドラを抱きしめて寝てる/因みに胸の辺りにドラの頭が)
ドラ「……」(寝起きで上手く頭が働かない)
深鏡「すー……ん…」(こちらも薄っすら目を開けて)
ドラ「ぁ…お、おはようございま」
深鏡「…すー」(また目を瞑って眠る)←明らかに狸寝入り
ドラ「ちょっ;!また寝るんですか!?!?

前者はみっちゃんにとって最高級のイベントに違いない(ウンウン)
だってドラン君が自分から抱きついてくれたのだからね
後者は明らかに確信犯なので、みっちゃんと相部屋をされる方はご注意を(ぇ)
そして後者はこの後、狸寝入りしたみっちゃんを起こそうか起こすまいかでおろおろしているドラン君にみっちゃんが内心
萌えー萌えーと言ってる事だろう


◎目が覚めてあなたに謝る『ドラン』。お詫びに何か奢ってくれるらしいです。
何がいい?

ドラ「その、す、すみませんでした;
   昨日トイレに行った時に間違えたみたいで…;」
深鏡「別に気にしてないから~v寧ろあのままでm…ゲフンゲフン
ドラ「?…も、もしよかったら何かお詫びさせてください!」
深鏡「お詫び?」
ドラ「はいっ!一応、お金も結構持ってきてるんで!」(お財布を出して)
深鏡「よし、じゃあお姉さんとお茶しようか」(ガシッと肩を組み)
ドラ「あ、はい!!」
深鏡「(なぁんか、弟と一緒にいるみたいだわ~…)」

この後、深鏡はお茶をしながらドラの好みのタイプとかそのた諸々と情報を聞き出してドランプロフィールを独自に作るんだと思われる(笑)
因みにみっちゃんには一応、玖音になる前に弟いましたよ(ぇ)


◎『ドラン』と別れ地元に帰ってきたあなた。一連のことをあなたが話したと思われる方(複数可)に名前を指定して回してください。

深鏡「たっだいまー!!」
葉琉「おぉ~おかーえり、みっちゃん」
無我「長旅お疲れ様でした、主」
深鏡「いや~、たまには一人旅もするもんね~v
   あ、これお土産vvv」(わんさかと食べ物が)
葉琉「Σうぉ!?ちょ、これ買いすぎとちゃうの:!?」
深鏡「別にみんなが食べなくてもあたしが食べるわよ?」
葉琉「いやいや、これ女の子が食う量やないd」
無我「主、1日1箱ですからね」
深鏡「え、せめて3箱!」
葉琉「1箱でもジューブン多いわ

結構な量を食べるみっちゃん、そして大量に買い込んだお土産の殆どは彼女の胃袋の中に納まるのでした(ぇぇぇ)
さて、これにてお泊りバトン閉幕…!!!
番様、まわしてくださってありがとうございました…!!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.261No.260No.259No.258No.257No.256No.255No.254No.253No.252No.251
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/28 梅吉]
[01/27 影ノ虚]
[01/27 梅吉]
[06/18 影ノ虚]
[06/18 影ノ虚]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
影ノ虚
性別:
非公開
趣味:
妄想、ゲーム、パソコン
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析